So-net無料ブログ作成
検索選択

こんにゃくづくり [手作り工房]

いよいよ、この作業に取りかかる。なかなか作業に入れなかったのは、まぁ予定があったこともあるし、意欲てきなもの、そして何より、凝固剤として精製ソーダが入手出来なかったということがある。いくつかの凝固剤があるのだが、一応初めてでもあるし、頂いたレシピ通りということで、これにした。近くのドラッグストア、知り合いの調剤薬局さんに行ってもなくて、もうネットかなぁと思っていたのだが、市内の薬局さんでゲットすることが出来た。聞けば昔近くのおばあさんが、僕と同じようにこんにゃく作りをするために、わざわざ取り寄せた物が、残っていたとのこと。
少々年期の入っている感は否めない・・・・。

これが精製ソーダ。350円かぁ・・・、安っ。
IMG_6340.JPG


材料となる「こんにゃく芋」。ちなみに、皮を剥いて1.25㎏ありました。
IMG_6068.JPG

1.こんにゃく芋をきれいに洗い、皮をむいて薄く切って多めの水で茹でる。
  ※箸が通るくらいのやわらかさまで
  ※ゆで汁は、そのまま使うので捨てない。
ということなので、皮剥いて、薄く切ってみました。
DSC_0004.JPG

そんで煮てみます、もちろん薪ストーブで。
DSC_0006.JPG

適当ですが、煮上がりました。なんかどろどろ感
DSC_0008.JPG


2.ゆであがったこんにゃくをゆで汁と共にミキサーにかける
  ※ミキサーが500g入らないときは250gずつ2回に分ける
  ※500g入るミキサーの時は800ccのゆで汁、250gしか入らないミキサーの時は400ccのゆで汁で溶けるまでミキサーにかける。
  ※残りの水分はゆで汁または水を入れる
  ※ゆであがったこんにゃくと汁が熱いので、ゆで汁と水の割合は適当に、とにかく1500ccになるようにする。

ここからが、手探りでした。250gをミキサーに入れ、400ccのゆで汁でどろどろにまでは良いんですが、とにかく1500ccってのがいまいちわかりません。不安で不安で。ただレシピ通りに水分を足しながら、作業を進めます。
DSC_0009.JPG
250gをミキサーに入れ、400ccのゆで汁、これに水分足します。

そんなことしていたら、どんどん量が増えて行くではありませんか!。結局鍋二つになりました。

次の作業はと・・・・。

3.ゴム手袋を着用し(熱いので)30分くらい練ってから、少し透明になると思いますので、25g精製ソーダを200ccのお湯で溶かし混ぜる。水分が加わるので又10分くらい練る。
  ※練っているときは時間が長いので、その間にお湯を沸かしておくと良いでしょう

心配症の私は、作業前にユーチューブで予習。そうすると電動の泡立て器を使っているではありませんか!

ということで急遽の電動の泡立て器の登場。
DSC_0010.JPG

おかげで楽になりました。ただ、ただ水分量、堅さはこれで良いかは自問自答中。25g精製ソーダも投入。何せ凝固剤でもあり、有毒な成分除去のためでもあるので、慎重に。

ちなみに、こんにゃく芋は有毒で、味見で一口食べたものならば、病院行きとなります。ほんとアクが強くて、ゴム手袋で作業となります。


それっぽくなってきました。あまりの量に、型を取るための容器が・・・・。近くにあったホーローの入れ物を活用します。ちなみに丸形。

4.手にくっついて落ちない程度になったら、好きな容器を水で濡らして盛り、空気を抜くように上から手で強く押して平らにし、用意しておいた沸騰した鍋に1つずつ入れて15分~30分茹でる

少しあら熱を取ります。
DSC_0012.JPG

この時点で、茹でるときに大きいのでは無いかと、不安増大中・・・。

またしても鍋二つで煮ます。それにしても巨大なこんにゃく・・・。
DSC_0014.JPG
DSC_0015.JPG

煮上がりましたが・・・。大丈夫か不安。
DSC_0016.JPG

5.冷めたら水に入れて2日間は朝晩水を替えて食べるときは2日間待ちましょう。

こんにゃく独特のにおい・・・。
二日間水にさらして、あく抜き中。IMG_6334.JPGIMG_6333.JPG

と、本日朝、一つ試しに食べてみました。ちょいととろっとする感じ。良いのか悪いのか・・・・・。

味は良い感じですけど
IMG_6337.JPG

では明日に再リポート。




リフレッシュいろいろ① [おいしいもの]

②があるかはわかりませんが、一応。①

ピザ生地作成。アオサを入れました。これを冷凍しておくんですね、すると好きな時にピザが食べられます。小さいのを16枚くらい作成したかなぁ・・・・。IMG_6328.JPG

休みなんで、ラーメンを。三日月軒なかのくちさんへ。うまいとか言う前に、これなんですよね、うちは。
IMG_6331.JPGIMG_6332.JPG

あと何しようかなぁ・・・・。

主婦業にて夕食作り [おいしいもの]

23日より1週間のリフレッシュ休暇中。

とは言え、遠出の予定も無く、普段出来ないいろいろな予定をクリアしつつ、主婦業を営んでいる。その一環に食事作りがある。昼には春休み中の子供達に飯を、そして夕食作り。料理は嫌いでは無いが、毎日となると本当に大変だと実感している。

参考までに、23日と24日の夕食
IMG_6330.JPGIMG_6327.JPGIMG_6326.JPGIMG_6325.JPGIMG_6324.JPG

それなりな感じ。
あまり、家で魚を食べている感じがしなかったので、あえてお魚を購入。サクラマスと口細ガレイ。サクラマスはソテーにして、カレイは塩焼きにした。あとはゆずがあったので、大根を煮てみた。そんで大根の皮にて炒め物、あとは日帰り温泉にてごま豆腐を購入し、妻のリクエストの麻婆豆腐。あ、あさつきの炒め物もあるなぁ。最後はお味噌汁、豚汁にて。

ちなみに本日はパスタ。クリームスープ風パスタとペペロンチーノ、メインは鶏の胸肉をローズマリーと焼いてみた。写真はなし。今日は午後にこんにゃく作りでへとへとで写真までは・・・・。

さて明日は何を食べようか?


望遠レンズを [買い物]

先日、息子と娘の卒業式へ出席。いつものようにカメラマン。まぁそんなに本気でカメラマンはしていないが、やっぱ記念であるしと。
そんで一応一眼レフカメラもあるが、昔買ったアウトレット品。今時めずらしくて液晶ディスプレーを見ながら撮影することは出来ない。でもでも一眼レフってことが大事。ちなみにD3000という骨董品。

D3000くんはオートフォーカスなんだけど、カメラ自体にモーターがついていない関係で、昔使っていた、銀塩の望遠レンズだと自分で焦点を合わせなければならない。目が悪いのか、才能がないのか、今回、めちゃくちゃピンぼけ写真続出であったのだ。

そんなこともあり、レンズにモーターがついて、オートフォーカスできる望遠レンズの購入のお許しがでたので、いろいろ調べ、「ニコン AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」を購入することにした。

正直、この分野あまり詳しくないのだけど、試し撮りしたら、まぁまぁな感じ。

これで一安心。では入学式にいざ出陣。

IMG_6335.JPG

備忘録

本日、23日より1週間のリフレッシュ休暇。気持ち的にはいろいろあって悶々としているが、だからこそ、すべきことを書いて置き、さくさくと進めていきたい。

なお、3月30日結果報告

☆未実施
⑤ビデオ鑑賞
⑬遠出(一人旅たぶん)
⑭MTBのタイや交換
⑰同窓会名簿作成
⑱ドラクエ(長らくしていないが)

☆継続課題
④ホイールの検討←熟慮中
⑩携帯の検討(息子用)←24日
→24日の16時で予約、その後物が届き次第、ソフトバンクショップで手続きの必要ありと思っていたが、実はケーズ電気で手続き可能なことが判明。
⑫本の編集(「お出かけ日記」)
→ほぼ編集終了。
⑳豆腐づくり
→豆乳は購入済み


☆完了項目
①こんにゃく作り
→まだ食べていないが
②チェンソーの目立て
→完了
③望遠レンズの検討
→完了【Nikon / ニコン デジタル一眼レフカメラ専用レンズ AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR】
⑪水槽の掃除
→完了
⑲ピザ生地作り
→完了㉒食料の買い出し
→まずは完了
㉔一階の掃除、床拭き掃除
→完了
㉑漫画を読み返却
→クロネコヤマトにて完了
㉕床屋
→完了
⑦ふるいパソコンの検討
→起動せず
⑥ロングライド
→善宝寺参り
㉓窓ふき
→1階部分
⑧温泉三昧
→1日目「アイアイひらた」・最終日ゆりんこ
⑨ラーメン三昧
→3日目にして、ようやく実現(三日月軒)
⑯器の受け取り
→連絡OK。日曜日に行くつもりが二日酔いで、月曜日に延期。マルリンも定休日で散々
⑮車のタイヤ交換


随時更新

こんな手作り工房も [手作り工房]

現在、ブログを本にしようと編集中。そんなサービスがあることは知っていたが、子供達が小学校と中学校を卒業することもあるしと。

ちなみに「MyBooks.jp MAP」http://www.mybooks.jp/

ブログの「マイカテゴリー」を集め、一冊となるのだが、今回は「家族でのおでかけ」にしてみた。

まぁ、子供達が大きくなると、一緒に行ってくれないそうだから、今しかないかもと。。。

編集し、その頻度が少なくなるにつれて、少し寂しくなったのであるけど、懐かしい写真に、感激しながらである。

さーて編集がんばるか。

こんにゃく作り(準備編:レシピ) [手作り工房]

いろいろと週末のイベントが続き、ようやく、こんにゃく作りへと取りかかる事ができる。レシピを確認しているのが、本日土曜日朝。完成までに数日の予定。

かなりの気分屋なんで、本日中に作業が開始できるとも思えず・・・・。

まずは先日頂いた、手書きレシピをデータ化しながら予習することに。

まずは精製ソーダと厚手のゴム手袋の購入。そして助手への交渉が待っている。息子は試験も終わり暇なんだろうが、こんにゃくは好きで無い模様で・・・。そういえば昔、ツールドラフランスのときにNHKの取材を受け、緊張しながら「おいしいです!」って言ってたけどなぁ・・・。

さて、こんな感じで。そういえばこんにゃく芋は毒らしいので、気をつけながら。

こんにゃくの作り方
材料
①こんにゃく芋500g(ゆでる) 
②精製ソーダ25g
③-1 水1500cc(ミキサー:800cc+調整用700cc)
③-2 水200cc(精製ソーダと混ぜる用)
用意する物
④大きな鍋:2個(練る鍋・茹でる鍋)
⑤型(好きな容器)
⑥厚手のゴム手袋
  ※2人以上の人がいると良いでしょう(材料を量る人、練る人)


1.こんにゃく芋をきれいに洗い、皮をむいて薄く切って多めの水で茹でる。
  ※箸が通るくらいのやわらかさまで
  ※ゆで汁は、そのまま使うので捨てない。

2.ゆであがったこんにゃくをゆで汁と共にミキサーにかける
  ※ミキサーが500g入らないときは250gずつ2回に分ける
  ※500g入るミキサーの時は800ccのゆで汁、250gしか入らないミキサーの時は    400ccのゆで汁で溶けるまでミキサーにかける。
  ※残りの水分はゆで汁または水を入れる
  ※ゆであがったこんにゃくと汁が熱いので、ゆで汁と水の割合は適当に、とにかく    1500ccになるようにする。

3.ゴム手袋を着用し(熱いので)30分くらい練ってから、少し透明になると思います  ので、25g精製ソーダを200ccのお湯で溶かし混ぜる。水分が加わるので又10分く  らい練る。
  ※練っているときは時間が長いので、その間にお湯を沸かしておくと良いでしょう

4.手にくっついて落ちない程度になったら、好きな容器を水で濡らして盛り、空気を抜  くように上から手で強く押して平らにし、用意しておいた沸騰した鍋に1つずつ入れ  て15分~30分茹でる

5.冷めたら水に入れて2日間は朝晩水を替えて食べるときは2日間待ちましょう。

最後にこんにゃく芋を頂いた方からのエールが。よしがんばるか!
「私が渡した芋は初心者には多いでしょうか?半分でも良いのではないでしょうか?とにかく成功を祈ります」byJ.H

再掲
こんにゃく芋
IMG_6068.JPG

手書きレシピ
IMG_6069.JPG

5年が過ぎて [地震]

3.11。一年に一度、止まって考えるたい。あれから5年が過ぎた。

思い出せば、地震が発生し、その後現地でボランティアとして泥だしをお手伝いした。

最近では、ツールド東北にて3年間、被災地の復興の歩みを見させて頂いている。あの泥だしをした地区の脇を通るたびに、きれいになってはいるのだが、なんだか感慨深い。

学生の頃、神戸の震災があり、現地へ行くチャンスはあったのだが、行くことが叶わず、そんな思いの中での東北の震災。仙台で過ごしたことも考えると、全くの人ごとではない。

とは言うものの、5年が経つにつれて、自分自身の思いが、少しずつどこかに行ってしまっているようで、なんだか申し訳なさ、自分への責める気持ちなど、わき上がってくる。

復興のスピードが上がり、それと共に、気持ちも収束していくならば、まだしもである。


3.11は僕に取って、もう一つ大切な日である。娘の生まれた日なのだ。

5年前も、誕生日ケーキを予約し、夜には誕生会をする予定であった。お店も被災し、当日取りに行くことは出来なかったが、次の日には取りに行き、ちょうど電気も止まり、冷蔵庫も使えないことから、幸いにも薪ストーブの我が家はビーフシチューに、誕生会をしたのを思い出す。

あれから5年、娘は妻に似て、背も大きくなり、そして生意気になり、このたび小学校を卒業する。

5年という月日が、娘の成長を促し、時の移り変わりを実感することになる。

被災地である東北は、そんな簡単に娘が大きくなるようには、変化は無いのかもしれないが、きっと振り返れば、あのすさまじかった、あの日と比べ、復興が進み、暮らす皆さんの幸せも大きく成長しているに違いないと思う。


同じ東北人として何が出来るか、そんな思いを反芻しながら、また6年目、7年目と続けていきたい。そうして娘が大きくなり、成人でもなる日、二人で話したいと思う。

今日は寒の戻りで雪がちらついている。春はもうちょっと先のようだ。でも必ず春は来る。

サッシ修理完了 [家関連]

早速部材を取り寄せて頂き、修理完了。

おかげさまで、10年の補償期間のため、無料にて交換。

IMG_6265.JPG

10年も近づいてくると、どこかしら、故障部分が出てくるんでしょうね。

まずは一安心。ちょっと家の中の点検をしたいと思います。

あれから [怪我日記]

この時期、「あれから・・・」という記事であれば、震災の事になる。今年の3.11にて5年が経つそうだ。これは未だに大変な状況に変わりない。しかし今回はその件ではない。

2013.3.9は2度目のアキレス腱断裂の日である。あれから3年が経つ。

今振り返っても、大変な時期であった。妻が一ヶ月前に蔵王で膝を骨折、松葉杖生活をし、介護をしていたのだが、その一ヶ月後にまさか自分が・・・。ということで我が家は二人松葉杖にて生活をし、長男の小学校卒業式、そして中学の入学式に松葉杖、周りからは「喧嘩でもしたのか?」と冗談を言われるような状況であった。非常に大事な時期でもあったし、子供達、家族、職場、その他多くの皆さんにご迷惑をかけ、そして応援をして頂いた。

チーム若草の園長からも「家族の力で乗り越えられる」という言葉を胸に、この時期を乗り越えられたと思っている。

それ以降、健康の大切さをかみしめながら、自転車漕いでいる。前はシーズンのみで冬はだらりと過ごしていたが、漕げることを確かめ、そしてローラーに乗ることが増えた。ただ3年が経ち、元来の怠け心も出ており、今年は、ちょっとサボり気味で身体が重い。

誕生日の記事の時にも書いたが、人生は42才から。気持ちの面や身体、そして仕事や活動をこなす能力などなど、最近特に変化を感じる。そういう意味での仕切り直しという意味だろうが、少し考えながら、この一年を過ごしたいと思う。

いつ何時損なわれる健康、大事にすることは当然であるが、それまで精一杯生きることも大切だと思っている。

いろんな事にチャレンジしながら。

さて次は何をすべきか、いろいろと物色している昨今である。

あー3年かぁ・・・・・。