So-net無料ブログ作成
2016自転車 ブログトップ
前の10件 | -

第2戦の検討(越後長岡チャレンジサイクリング) [2016自転車]

現在、蔵王エコヒルクライムに続く第2戦の検討をしている。たぶん時期的には、ツールドさくらんぼへのエントリーということになるが、まだエントリーが開催されておらず、 開催時期はその後となるが、その前に越後長岡チャレンジサイクリングの開催の発表と、エントリー開始がされるとのことで検討に入る。

僕らチーム酒田2中OBにとっては、記念すべきイベントと言ってもいい。

久しぶりに自転車を通してあった三人が、2012年の6月1日に初ライドし、勢いでこちらのイベントに申し込み、それにむけて練習して・・・・。ほんとこれが第1歩である。その後福島の桑折やツールドさくらんぼ、ツールドラフランスとなるわけだ。

そんな僕らの原点でもある。このときの「おもてなし」に感銘を受け、はまってしまったのも付け加えなければならない。

ほんと懐かしい。

これが当時の様子。http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2012-07-15

ちょうどこのとき東京で研修となり、僕は前日に新幹線にて長岡入り、仲間のリョウジ氏とシラハタ氏が酒田より僕の車でバイクを載せて現地で集合という形をとった。

ところで、今回、酒田2中OBチームにとっても大切なイベントであるが、今回ゲストライダーが二人予定している。まず一人目はシブヤ氏である。彼は仙台で出会った、大切な仲間の一人である。僕の好みを知り尽くす、さすがの男である。

実は、思い出のイベント長岡には少なからず関係し、前述したが、東京研修後に長岡入りしたわけだが、東京では泊めていただき、そして飲み明かしたのだ。めっちゃ高いワインだったな・・・・。http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2012-07-18-1

そんな彼も、やるこたぁやっぱ一緒なのか、ロードバイクをしていることを知り、いつか一緒に漕ぎたいなぁと言い続け、今回なんとか口説き落とし、参戦となった。ちなみにバイクはトレック。

そしてもうひとり参戦検討中の男がいるが、彼も仙台で出会った、仲間。名はホシナ氏 である。これまでMTBを操っていたのだが、奥様がロードバイクを購入することになり、併せてローディーとなることになった。バイクはコルナゴとのこと。

さて、不思議なことに、僕は友達をどんどんつなげたい性分なのか、今名前を挙げた仲間すべてが、すでに知り合いである。

ホシナ氏とシブヤ氏は卒業旅行として行ったインド・ネパール旅行も一緒だったのだ・・・。

そんな巡り合わせの仲間が、今回は長岡に集まれそうなのである。

 ただ仕事の関係もあり、リョウジ氏とホシナ氏は参戦検討中であるが、きっと一緒に走れると信じている。

 そんなことで、まだエントリーは完了していないのだが、もう7月が待ち遠しい。それぞれ予定を調整し、そしてトレーニングし、その日を待ちたい。ただただ心配なのは、前日飲み過ぎてしまいそうなことであるが・・・・。


2017年参加検討中のイベント(備忘録) [2016自転車]

2017年サイクルイベントを検討しているが、もう早いイベントは詳細が発表されている。こちらは雪国なので、漕ぐと言っても5月のイベントからであろうが。

例年から行けば、蔵王がスタートとなる。なおご存じの通り、僕はデブクライマーなので、楽しみか?と聞かれると、無言となってしまうのだが、比較的近いし、短時間で終わるしと、そういう意味では都合の良い大会である。

今年については、息子をメインに、サポートできればと思うので、僕とは対照的な体系の息子にとっては良いだろうとは思うが。あとは天気に噴火の恐れくらいかなぁ。

全体的に、候補はあげるものの、例年通りのエントリーなのだろうが、今年は益子にいる中学の同級生と一緒に漕ぎたいので、エンデューロ(チーム戦の耐久レース)のエントリーを考えている。「もてぎ」か「SUGO」でやっているようなのだが、例年のイベントと重なりそうで、心配を今からしている。

 現在ズイフトにてローラー台でトレーニングをしているものの、どこまでできるかだろうか。少なくとも昨シーズンよりは、漕ぎたいと思っているが・・・。



参加検討中のイベント

5

蔵王エコヒルクライム

6

ツールドさくらんぼ

13SUGOUNKY ENDURO

しんレース

鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海

 

7
越後長岡チャレンジサイクリング

矢島カップ(2月エントリー)

8
シーツ-サミット

栗駒ヒルクライム

9
ツールド東北


10

サイクルフェスタ丸森2017

サイクルエイドJapan

 

11

ツールドラフランス

もてぎ7時間エンデューロ

 

一度は佐渡、そして房総半島なんかを走りたいと思っているのだけど


2016自転車総括 [2016自転車]

実は、これ、1月5日に書いています。下書きはしてたんですが、あしからず。

さて、今年もいよいよ終わろうとしている。そして2016年自転車関連では55件の記事があった。このブログでは年度としてみているので、来年3月まで記事は増えると思うが・・・。それにしても怪我無く(息子落車に巻き込まれ、右手の中指の痛みが続き、たぶん折れていたんだろうとは思いますが)、充実したサイクルライフを送ることができたと感謝している。

そして今年から息子も無理矢理、ロードの世界へ引きずり込み、後半、ツールド東北と丸森サイクルプロジェクトに参加できたのも、うれしい出来事のひとつでもある。

そしてそして何よりも、おしんレース(リレーの部)において表彰台に乗れたことも、驚き、うれしい出来事でもある。

 

これらは、家族であり仲間があってこその事だと、ほんとに、ほんとに感謝している。

年が変わり、2017年となったわけであるが、同様にいろいろな事にチャレンジしていきたいと思っている。

 

 

蔵王エコヒルクライム

http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-05-18-1

ツールドさくらんぼ2016

http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13


おしんレース2016・リレー


http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13-1


ツールド東北2016

http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-2



サイクルフェスタ丸森

http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05-1




zwift本格参戦(フリー期間だけど) [2016自転車]

本日、zwift二日目。機材のところも安定し、今日は「Watopia(ワトピア)」散策。ここは仮想現実内の島。どうも実在しているみたいだが・・・。

そろそろフリーで参加できるキロ数にも達するので、次からは有料かなぁ


ローラーのモチベーションはあがるよね。

IMG_0386.JPG



Zwift準備編2 [2016自転車]

zwiftのiOS版がでたことによって、念願が叶う。ということで着々と準備。

まずはiPhoneの画面をテレビに映す方法を確立され、次は三本ローラーのクイックモーションくんとiPhoneをつながなければならない。

これまでパソコン版では、ANT+というものでつないでいたのだが、iPhone版はBluetoothでつなげることが可能とのこと。ちなみに現在バイクについている、センサー類はガーミンくんなのでANT+である。

ということで、Bluetoothでつなげる方法を検討しなければならない。

と、幸い、クイックモーションくんに「MISURO B+」http://www.cb-asahi.co.jp/item/78/48/item100000034878.htmlというものを取り付けると、その走行データをBluetoothでつなげてくれるもので、zwiftにも対応しているようだ。

さっそく、ポチッとし、到着を待つ。しかし、同じことを考えているかたが多いのか、欠品が2店舗、3店舗目でようやくゲットすることができた。
IMG_0272.JPG


では装着。いや、まて説明書は英語・・・・。簡単な日本語版はあるのだが、クイックモーションくんは新商品なので対応しておらず、どうもわからない。

自転車に取り付ける、サイコンの用に、ホイールに磁石をつけて、その回転データをBluetoothで送るもよう。なので磁石も付属品としてついている。クイックモーションの同系列の3本ローラーでも、磁石を取り付ける場所があるようだ。しかしクイックモーションくんのどこにも見当たらないので、ねじを外して、細部まで確認する。それでも見つからず戸惑うばかり・・・。ネットで情報を見るも、見当たらず、同系列の商品から推測、どうもクイックモーションくんははじめからMISURO B+に対応しているみたい。

ちなみに説明書には書いていない・・・・。「ちょっとぉ・・・!」

ではローラー部分の指定の場所に装着。そしてアプリを起動する。

すると、センサーを選ぶ画面、ペアリングする画面になるのだが、いっこうに認識されない。

またしてもネットで情報収集

どうも「パワーソース」に該当することが判明。

ペアリングするかと思うも、うまくいかない?

指定のボタンを押してやるのだが、「クイックモーションくんは新商品なので対応しておらず、どうもわからない」

この台詞、2回目。

その他のローラーで再度挑戦。

なんとかつながったようである。

こういう画面になる(ちなみに、正常に動いた後の画面ではある)
IMG_0380.JPG


よし!と自転車にまたがり、スタート!

ん?ん?

自転車を回転させると、左上の「  W」には表示がでるのだが、画面の中のサイクリストが、動かない・・・・?

思いっきり漕いでもだめ・・・・。ではユーチューブなんかでもスタート方法を検索。みれば普通に漕ぎ出せば連動して漕ぎ出すようだ。

ということは、MISURO B+の問題か。取り付け位置を変えたり、そして接続のボタンの押す回数で設定がかわるようなので、それでチャレンジ。ちなみにこの時点では何回押すとかは考えずに、適当に。

よしトライ2回目。 ではと漕いでみる・・・・・・。

今度は動き始めた!やったぁとばかりに、がんがん漕いでみるが、なんかおかしい???


左上に「2000W」って出ているし、右の名前のところの数字が赤くなっている?

スピード出過ぎ?設定がおかしいのだろうか。

ということ、こんどは似た機種の3本ローラーの設定にしてみる。


今度は少し遅い気はするが、なんとか大丈夫そう。

よくわからないが、5キロほど漕いでみる。

3本ローラーにさえなれていないのに、画面をまじまじと見れず、漕いだのかなんなのかわからなかったが、まずはスタートさせることができたので、よしと使用と思う。


では明日以降に本格参戦としよう・・・・、あぁ疲れた。


いよいよチャリだー [2016自転車]

いよいよ放送ですね。映ってはいないでしょうが、思い出として・・・・。

slide_01 - コピー.jpg

反省すべき反省会 [2016自転車]

ツールド東北、丸森サイクルフェスタも終わり、今年度予定しているサイクルイベントは終了となる。

とくに今年は、愚息をつれての参加となり、仲間の皆様には、ほんとお世話になった。

そこで、
自転車関連としてミウラ氏、モテギ氏、シラハタ氏そして同窓会、日本酒などで特にお世話になっているマツモト氏、あとは愚弟に声をかけわずかばかりの感謝祭を開催することにした。

ほんとはカドタさんもお声をかけたのだが、都合がつかず、開催前に、おいしいお酒とビールをわざわざ差し入れに来ていただいた。感謝したのだが、かえって申し訳なく思う・・・。

さてまぁ毎年の恒例行事でもあるのだが、こうやって理由をつけてはお酒を飲んでいるわけで、これほど飲めば、痩せるはずもなく、どんどん成長の一途である。

まぁ、それはさておき、おいしいお酒が集まり、交流を図ることができた。

交流内容を細かく書こうと思ってはいるのだが、いるのだが・・・・・。

思い出せず・・・・。

ということで、次の日の午前中いっぱい、だるく、ただただ横になるばかりの時間を過ごした。

幸いにも、頭が痛いとか吐いたりとかしないかったのは、おいしいお酒だったからかもしれないが。

という、原因のお酒たち。
1-IMG_0066.JPG

1-14632981_572187459656920_2478699560662038931_n.jpg


この中で、焼酎とワインは確か手をつけていないが、相当飲んでいることに、今気が付いた。

今回は
①左から2番目(カドタさんから)
新しい酒米(山形県酒造好適米の新品種、山形酒一〇四号)
鯉川 Beppin(別嬪・べっぴん) 山形酒104号(雪女神)純米大吟醸(山形)

②新潟のホシナ氏より
京都丹後のお酒、弥栄鶴 純米大吟醸 笑顔百薬

③マツモト氏より
三十六人衆 純米吟醸

④モテギ氏より
赤兎馬 (せきとば) →焼酎:さすがに飲めなかった・・・

⑤愚弟より
越後蔵元仕込 微濾過  純米吟醸

以上をそろえての、反省会となった。

どれもこれもおいしいお酒で、空になるのがよくわかる。

これに負けじと、アジのなめろう、庄内バージョンの芋煮、栃尾の油揚げ、湯豆腐、サザエ、そしてさんま

こんな感じで。
1-IMG_0064.JPG


こちら庄内はどんどん寒くなり、もう漕ぐのもわずかだとうかと思う・・・。

けがなく、そして、仲間とともに活動ができたことはほんとによかったと思う。

息子も、もう少し鍛え、来年はヒルクライムに出したいと思っている。

さて次は忘年会。次回はリョウジ氏も呼んで、鮭とベーコンとハムとソーセージ。これをメインに一献と行こうではないか!

サイクルフェスタ丸森 2016(本戦) [2016自転車]

サイクルフェスタ丸森は、宮城県伊具郡丸森町で開催されるロング(約78km)のイベントで、前から良いなぁと思い目を付けていたものである。今年は春から息子が自転車を本格的に始め、練習をし、秋ぐらいを目標にしてきた。そんなこともあり、この前のイベント、ツールド東北と丸森サイクルフェスタが本番とも言える。距離もツールド東北よりも若干短く、息子としても、少しゆっくりしていたに違いない。とは言いつつも、前回は雨の中の走行であり、長距離で最後に足が攣ってしまったので、その対策もしなければならないと思っていた。

雨については、あれほど万端に準備したものの、幸い晴れで、使えずじまい。まぁそれはありがたいことだが、できれば、今後使わなければ、それが一番良いのだと思うが・・・・。

あとは痙攣対策であるが、
今回は「漢方」を。マラソン好きの薬剤師さんの情報を、うちのボスが入手し、紹介して頂いた・2包あるので、走る前、そして、最後に投入したいと思っていた。そのおかげか、太ももが攣りそうにはなっていたが、無事にゴールすることができた!

「芍薬甘草湯」
3-CIMG3082.JPG



さてさて
スタート前、おっさん+1にてずらり。もちろんおっさんは腹をへこませています。メタボ検診状態というか。
1-CIMG3038.JPG


序盤は阿武隈川の土手沿いを
1-CIMG3046.JPG


赤い橋を越えて徐々に山のほうへと。
1-CIMG3049.JPG


ほんと、お天気は良いし、雰囲気良いし、ぜひ来年も参加したい感じです。

登ってきましたね・・・・
1-CIMG3051.JPG


あー、きつい、エイドはまだかぁ!!
なかなかエイドにたどり着けません、全部で3か所あるはずなんですけどね・・・・。

とようやく、第一エイド。
イチジクの蒸しパン、漬物、甘酒、だいこん?
2-CIMG3057.JPG

1-CIMG3056.JPG


1-CIMG3059.JPG

1-CIMG3062.JPG


すでに、疲れ果てている、おっさんたち

こんな風景が広がっています
1-CIMG3063.JPG


4-CIMG3068.JPG


うちの新旧のヒルクライマー対決。体形はどうみてもスプリンターか競輪選手ですけど・・・。痩せのクライマーは下りにビビってます。
1-CIMG3065.JPG


愚弟はマイペース
2-CIMG3066.JPG


このマイペースで初心者ながら、昨年はツールド妻有を完走。

ビビりクライマーに、下ハンをしっかり握ってのブレーキングを教えながら、ゆっくりと、下山。ほんと危ない場面ありましたので、再度特訓ですね・・・・。
1-CIMG3080.JPG

5-CIMG3069.JPG


息子とぱちり
1-CIMG3073.JPG


第2エイド
3-CIMG3067.JPG


特産の梅干しを。うまかったので、おみやげに購入(ゴール後の写真)
4-CIMG3086.JPG


ようやくきました、最終エイド
トン汁、新米そして梨!みずみずしくておいしい。銘柄はあきづきだそうです。
2-CIMG3084.JPG

3-CIMG3085.JPG


「どっかで見たことあるなぁ????」「あっ、にっぽん縦断こころ旅!」そうです、ここに来たんですよ!

んでは、もうゴールはそこまで。息子の足は売り切れています。シラハタ氏、リョウジ氏は先に行ってしまいましたので、僕が息子を引くことにします・・・・
2-CIMG3081.JPG


雰囲気が、湯田川~鼠ヶ関に似ている・・・。そんなことをリョウジ氏と感慨深く話す。


ゴール。

今回は足をつらずにゴールしました。もうちょっと余裕をもって漕げればよいんですが、まぁ、さすがに1年生なんで。

無事にゴールできてよかった、よかった。それでも下りの怖さに、もうやめそうになってましたけれど、その怖さに自分で打ち勝ちましたし、そんな意味では大切な経験でした。自転車からはいろんなことが学べます。


さて、僕はというと、ちょうど良い感じの78kmでした。引率者でもあるので、本気漕ぎではないのでなぁ。一週前の羽黒山のほうがきつかったぁなぁ。

ゴール後のご褒美。たくさんのものに感謝、感謝。そして息子と完走賞が並んでいることに感謝。
1-IMG_0081-001.JPG

私の面倒、息子の面倒、愚弟の面倒、そんなことをしてくれる、リョウジ氏、シラハタ氏に感謝、感謝、感謝。

酒田2中OBチーム!栄光あれぇ~!

ゴール後はシラハタ氏は奥さんと娘さんをアンパンマンミュージアムでパパの帰りを待つので、迎えに。僕はリョウジ氏を駅まで送り、まぁその前にひとっ風呂ですけどね

スーパー銭湯極楽湯へhttp://www.gokurakuyu.jp/natori.html
3-IMG_0072.JPG


すっきりと家路へ?いや忘れ物。妻からカップを買ってくるように。
実は前日、リョウジ氏を迎えに福島へ向かう途中に長町にある「ナカオ」さんへhttp://nakao-shop.jp/index.html

しかし、手持ちのお金がなくて、僕と妻のカップのみ・・・。ほんとは家族全員のという指令だったのですが。

ちゅうことで、名取からはすぐなんで、リベンジ。

むすことむすめのカップも買うことができました。そしてコーヒーがいただけるんですが、これで目も覚め、帰りの運転も大丈夫そうです!!
1-IMG_0083.JPG

あたらしい仲間たち。

もうそろそろ、こちらは寒くなってシーズンオフ、あと何回乗れるかなぁ???

来年は息子のヒルクライムのチャレンジをサポートしたいと思います。本人はいやいやだろうけどね

丸森サイクルフェスタ初参戦(概要及び準備編) [2016自転車]

今回初めて、サイクルフェスタ丸森 2016(http://www.marumori-cycle.com/) ロングコース(約78km)に参加することにした。一週おいて、ツールド東北、そして丸森と宮城づいている・・・・。

今回も息子と参加、その他、シラハタ氏、リョウジ氏、愚弟である。まぁ前夜祭が危険なメンバーがそろうわけだ。

シラハタ氏はご家族と一緒、愚弟は自ら現地入りとなり、僕らは息子とともに神奈川から駆けつけてくれる、リョウジ氏をピックアップしなければならない。いろいろと考えた結果、福島で拾い、その足で飯坂温泉へ行くことにした。

まずはその前にということで、仙台に行き息子のスマホのケースを買って、おひるごはん。仙台駅地下でとんかつ屋さんである、さぼてんさんへhttp://www.ghf.co.jp/shop/sid-10/
2-IMG_0065.JPG


ラーメンも考えたが前日、息子と食べていたので・・・・
2-IMG_0063.JPG


ちょうど喧嘩祭りということで、温泉街はこみこみ、なかなか温泉にたどり着けなかったが、運もよく、駐車場に空きを発見し、するりと、温泉に入ることができた。

場所は、波来湯(はこゆ)さんhttp://fukushima.welcome-fukushima.com/sp/co/hakoyu
3-IMG_0067.JPG


思い起こせば、シラハタ氏、リョウジ氏、そして私で参戦した桑折の自転車イベント後に来たことを思い出す。あの時は土砂降りで、体が冷え冷えで、もう温泉に入りたくて、入りたくて、到達したのがこの温泉であったのだ。

その後も家族でお邪魔したこともあった。まぁなじみの温泉であるわけだ。

これで体調万全、あとは・・・・。

亘理に宿をとり、みな合流完了。あとは・・・・


といっても、良い場所もなく、まるまつで夕食を食べて、少しお酒を。僕は運転手なので、お預け。

部屋に戻り、軽く前夜祭。このくらいでよいのだよね
4-IMG_0068.JPG


では明日に向けて、おやすみなさい。なんだか天気もよさそうだ。



木戸銭走行会(羽黒山) [2016自転車]

この日、茂木さんから教えて頂き、木戸銭さんの走行会&芋煮会に参加。ツールド東北があいにくの雨、そして引率者でもあったので、しっかり漕ぎたいという思いもあって、胸を借りるつもりで参加。ここに集まるみなさん、ホントすごい方ばかりで、ついて行けるかが、毎度毎度心配。去年も新潟の入り口である「府屋」まで行ったのだが、帰りあえなく撃沈で偉い目にあった・・・。。

さて今回は「羽黒山」平田、松山からのコース。帰りは立谷沢方面へ。距離は80㎞程度である。

最後は田園風景のなかの直線が続き、トレインを組んでの高速巡航は、お天気も良く最高であった。やはり一人で走るよりも良いもんだ。

そして一個前の記事にも書いたが、楕円チェーリングの話をしながらで、物欲マックスであった。ほんとそんなんで羽黒山に登って良いのかわからないが。

出発前
この時点でサングラスを忘れたことに気づいたぁ~
14432941_1130789576991823_233094876924467257_n.JPG
(木戸銭画像)

最上川の橋で
IMG_0072.JPG


14492351_1130789766991804_7760173248630749118_n.JPG
(木戸銭画像)

羽黒山
14390999_1130789916991789_4797309726040489885_n.JPG


羽黒山ビジターセンター
14484979_1130789996991781_4551071024828528420_n.JPG
(木戸銭画像)
IMG_0074.JPG


一度家に帰り、シャワーを浴びてからの芋煮会
庄内版(味噌味の豚)と内陸版(醤油味の牛)、そしてさんま!
IMG_0082.JPG


ツールド東北2014のお気に入りTシャツを着ての参加。
14470428_1130790703658377_1796718071811318392_n.JPG
(木戸銭画像)

お天気も良くて最高なライドでした。さてさて丸森は晴れるかなぁ
前の10件 | - 2016自転車 ブログトップ