So-net無料ブログ作成
検索選択
手作り工房 ブログトップ
前の10件 | -

2017年味噌の仕込み [手作り工房]

昨年はじめて仕込んだお味噌が、予想以上に良くて、今年もやるぞ!と挑戦。

でも、昨年はネットで、すべて準備されているものを買い挑戦したので、うまくいったに違いないが、今回は思い切って地元の材料で、それも昨年の倍の量で作ってみようと思う。

味噌を造るには大豆、麹、塩が必要になり、それらの分量についてはマルカワ味噌さんのサイトを参考にさせて頂いた。(http://marukawamiso.com/?gclid=CjwKEAiA3NTFBRDKheuO6IG43VQSJAA74F77u_ZenKRFI1ObzIAcYZvPSXUagHG9FMoM-Qnfw5I7GBoCuLPw_wcB)

ということで昨年の倍量の味噌12㌔作るための材料は


①大豆 = 2756 グラム②麹 = 4240 グラム③塩 = 1696 グラム

とのことである。

地元の材料をあつめなければならないので、まずはJAにいる同級生のマツモト氏に相談。大豆は用意できるとのことで3㌔を調達。

米の袋であるが・・・・中身は大豆。

IMG_0926.JPG

 

 

そして麹は市内にある田中麹屋さんへ。予約をし、土曜日に取りに来ること伝える。お向かいが内科の先生で、小さな頃はよくおなかが痛かったり、風邪を引いては受診し、帰りに甘酒を買ったのを思い出す。

IMG_0951.JPG

 

お店の方に、一応、「大豆3㌔の場合、麹と塩はどのくらいですか?」と聞くと、麹3㌔、塩は1.5キロ弱とのこと・・・。

マルカワ味噌さんとちょっと違うなぁ・・・。そして不安に。

 

信じていないわけではないのだけど、甘めの味噌が良いなぁということで、麹3キロを麹屋さんから買い、1.2キロはスーパーから買い足し4.2キロとした。

塩はさすがに地元のということとなると、高くつくので、仕方ないとして、1.5キロ。それでも麹屋さんで粗塩が良いとのことで、こちら。

IMG_0966.JPG

 

さて、作業へ。味噌造りは二日がかりとなる。

まずは大豆を洗い、18時間程度水に浸します・・・。次の日の作業工程を考えると、2時くらいまでには、スタートしなければなりません。

IMG_0952.JPG

 

 

IMG_0954.JPG
 
と、あけて次の日。こんな感じに ふっくらとしています。一応芯がないかも割って確認し、OK。
IMG_0959.JPG
 
今度は豆を煮なければなりません。冬に仕込めば、うちの場合、薪ストーブがあるので助かります。
IMG_0963.JPG
 
鍋3つで煮ることにしますが・・・・・。な、鍋がうまくのらない。そういえば、昨年使っていた鍋を焦がしてしまい、また思えば倍量なんですね・・・・。
IMG_0961.JPG
 
と、約3時間が過ぎ・・・・・。ん?ん?豆が固い・・・。そして更に一時間・・・・、固いなぁ????
 
という繰り返し、やはりしっかり鍋がのっていないからか、火が通らないのでしょう。
 
ここからはIHレンジにかけて、しっかりと火を入れていきます。火の番は母にお願いします。その間わがまま息子は、自転車を漕ぐことにします・・・・。
 
 
なんとか火が通り、こんな感じとなりました。この豆、良い香りがするんです。できあがりが楽しみです。
IMG_0969.JPG
 
今度は、豆をつぶしていきます。
もてぎくんからお借りした、ミンサーにてがんばります。妻と娘に手伝わせての作業。
 
さすがに昨年の倍量ということで大変です・・・。
IMG_0968.JPG
IMG_0974.JPG
IMG_0975.JPG
 毎年思いますが、モンブランみたいですね。
 
次は塩麹をつくり、それと大豆を混ぜ込みます。
 
塩と麹を混ぜるのを塩切りと言うみたいです。手のひらですりすりしながら、よく混ぜ込みます。これも麹のにおいが良くて・・・。
IMG_0972.JPG
 
 この後、塩麹と大豆をよく混ぜ込みます。これが大変。握力がなくなっていきますね。
 
 
ほんとは写真あれば良かったのですが、団子にして、投げつけながら入れていきます。余分な空気が入らないように。
IMG_0976.JPG
消毒用アルコールを振りながら、除菌をします。10ヶ月とか1年後が楽しみです。
 
今年も思いますが、売られているあのお味噌、いくら機械化されているとはいえ、お安くできるなんて・・・、すごい。
 
まぁ自分で作るのは言いものですよ、やっぱり。
 

たらこの醤油漬け [手作り工房]

 自転車、薪仲間であるもてぎくんのブログで「真鱈の子の醤油漬け」

http://makiatume.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-1179.html

をみてからと言うものの、食べたくて、食べたくて。

そんなことで、僕もということで作成を決意。同じく、みなと市場の宮野浦浜直売さんへ行き、生たらこをゲット。

IMG_0825.JPG
皮が黒いようですが、これは問題ないとのこと。
筋は丁寧に外した方が良いのと、初めから醤油を入れすぎないとのアドバイスを受けました。
 
ただ、おいしいのが食べたいので、母にお願いし作成を。
 
一晩おいて、なかなかのでき
IMG_0841.JPG
 
ただですよ、嘘かほんとか、魚卵系って痛風になるんでしたっけ?幸い痛風ではないのですが、ときどき指先がさわさわ・・。
 
まぁ風がふいで、痛くならない程度に。
 
でもこの時期こちらでは寒だら最高!。よかったら庄内へお越し下さい。

 


リフレッシュ休暇(手作り工房) [手作り工房]

メイン企画の旅行も終了し、一応、TODOリストも作成したものの、スキーでの筋肉痛もたたり、そんなうまくは進まず、もう明日が最終日。

まぁ休日を満喫すべく、家でできることと言えば料理であろうか。

そんなことで、初めてパンを焼いてみる。ピザ生地とかは作ったことがあったが、パンが初めてというのは、自分としても意外である。

まずは初心者なので、本通りに材料をパン焼き器に投入。

IMG_0693.JPG
なんなく完成。すごく良いにおい。
 
パンだけというのもなんなので、休みに入りすぐに買っておいた「牛タン(煮込み用)」を使い、タンシチューの作成。
IMG_0697.JPG
パンと合わせ、なかなかの感じ。
IMG_0698.JPG
 
写真はないが、この後ピザ生地も作り、冷凍庫で保存。
 
なんか粉もの作りが楽しくなり、今日は「うどん」
IMG_0699.JPG
 
パンと変わらない風景であるが・・・・パスタマシーンで・・・・・
IMG_0702.JPG
 
 こうなりました。ちょっと太さにばらつきがあるのですが、これは、パスタマシンでカットできるのを忘れておりまして、勢いで包丁で切ってしまい・・・2回目、3回目はパスタマシーンで最後まで。
 
ゆでて完成。
IMG_0704.JPG
 
ついでに、パン2回目。ちょうど冷凍庫にクルミがありましたので、クルミパンへ。明日の朝にいただきます。見た感じはおいしそう。
 
IMG_0700.JPG
 
近くのスーパーにて、例のものように「麹」購入。気が向けば明日に仕込むことにします・・・・。
 
あぁぁ、明日で終わり、リフレッシュ休暇。

 


木工制作 [手作り工房]

最近、不器用にもかかわらず、木工制作や家具の修理やらそんなことをしている。

ということで 、ブログの更新はしていないものの、いろいろとやってはいたのである。まぁ言ってしまえば、パソコンを開きたくなかった遠いことだろうな。

さて、少し時間もあり、ちょっとご報告。

まず 椅子の再生

昔からある親父のお気に入りの椅子、だいぶ古くなり、先日も報告したが、柿渋塗りたい病もあり、やすりをかけて、塗ろうと決意。一度塗装をしているものらしく、なかなか地肌が見えてこない。そろそろ良いんじゃないかと、柿渋を塗ってみる。

残念ながら失敗となり、色むら発生。

これはと思い、背もたれも外してと、ぐりぐりといじくり回すと、今度はバキッと。

悲しいことに、背もたれの部分の一本が破損。

ということで、いっそ取り外し、そして色むらも見栄えが悪いので、塗料で塗り直すことにした。

匠気取りで、刷毛テクニックとばりに、こんな感じで仕上げてみたが

 

IMG_0511-001.JPG

まぁまぁじゃないでしょうか・・・

 

続いて、先日より取り組んでいる、「ズイフト」

IMG_0514.JPG

 

仮想現実の世界を自転車で走るもの。室内でローラー台を漕ぐと、それに伴って景色も替わり、そして世界中の皆さんと走ることができます。

私の場合はiPhoneにて。このiPhoneの画面をテレビに映し、それを見ながら。

ということで、なんとか気持ちよく、風景を眺め漕ぎたいので、これまでテレビの下に雑誌などを挟みながら高さ調整をしていましたが、DIYにて棚を作成。

ちょうどいらない木材がありましたので、それを中心に。あとはホームセンターで端材を購入し作成。

ほんとに適当に、作成。幾分傾きがあるのはご愛敬。

まぁ、それでも良いできではないかと。

IMG_0540.JPG

 

しかし、しかし気持ち良く漕げるようになり、昨年とは大違いで、冬期のトレーニングをしているものの、先日ユニクロに行きましたところ、なんだか上着がきつい感じがするのです。

やせてるはずが・・・・、身体が大きくなっている!

運動が進むんですが、ご飯も進むんですね、そしてお酒まで!

お酒は赤魔斬。店頭に陳列する前にゲット。もつ鍋で一献。ほんとおいしいですね。

IMG_0554.JPG

 

 庄内はラーメンもおいしいんですね

新月さん

IMG_0549.JPG

 

 まさかの次の日は高砂の三日月軒

IMG_0557.JPG

 こりゃ、ふとるわなぁ・・・。

 

さてお酒とお鍋のおいしい季節が続く。さてさてどうしたものか?


柿渋塗りたい病 [手作り工房]

先日、古いタンスの修復に取り組み柿渋を使って以来、何かに塗りたく塗りたくて仕方ない状況になっている。それほど簡単で、満足のいく風合いとなる。

何か無いかなぁ??と家の中を見渡してみるもちょうど良いものがない。大掃除もしながらでもあったのだが、額に入れていない絵などが見つかった。長年放置してきたのだが、先日百円ショップに行ったときに、「額」を発見。

ふと思いつき、額を買ってきて、これに柿渋を塗れば良いのではないかと。

とこんな感じで。良いなぁ。

IMG_0480.JPG

 

IMG_0481.JPG

 これは、お世話になっている方から頂いた、僕の生まれた日の「守り本尊」 かっこよくなった。

さて、次は何を塗ろうかなぁ・・・・。


古い家具(タンス)の再生 [手作り工房]

職場の小屋の解体で出てきた、古い家具をもらい受け、修理再生に取り組んでみた。

そういえばと、以前「チルチンびと」で特集されていたのを思いだし、本棚から本を取り出し、早速始めてみた。

この解体では、卓上囲炉裏も発見し、こちらは拭いて、そして蜜蝋を塗っただけであったが、非常に良いものになった経験もあったので楽しみである。

さて今回のタンスはこちら
IMG_0437.JPG


実はこの時点で、拭いただけでは駄目であったので、浴室にて洗ったあとなのである。
IMG_0459.JPG

すごく古いもので、タンスの中に当時の新聞が引いてあった。
IMG_0447.JPG
IMG_0444.JPG


昭和7年1月27日と見える・・・・。

引き出しも取りだし、お風呂でごしごし。
IMG_0450.JPG


IMG_0442.JPG


薪ストーブの前で乾燥
IMG_0454.JPG


さて、乾燥したところで、今度は大工仕事である。
ふすま用の釘を購入し、ガタが来ているところに釘を打ち付けた。
IMG_0441.JPG


年期もので、すき間があったり、金具がさびているのは仕方ないとして・・・

次は塗り。

今回は蜜蝋を塗るだけでなく、塗料を使用することにした。さてと本を見るのだが、「柿渋」は?とひらめく。

よくダッシュ村でやっているのをみて、色合いもそうだし、丈夫になるという点でも良いのでは無いかとの結論に至る。

そしてホームセンターに行き、材料等を購入
IMG_0456.JPG


全体をやすり掛けし、取って部分の傷は少し丁寧に。

原液でいきなりと言うこともできるのだが、失敗もなんなので、少し水で薄めて塗ってみた。
IMG_0460.JPG


そして乾燥し、蜜蝋を塗って、ひとまず完成
IMG_0466.JPG


そして金具にもあえて柿渋を塗り、化学変化黒になることを狙ってみた。結果どうなるかわからないけど

なかなかの色合いに満足。もう一回や二回塗ると良いかもしれないが。

お正月飾りでもしてみて、楽しんでみようと思う。





2016門松づくり [手作り工房]

昨年に引き続き、本楯コミセンで開催された、門松作りに参加。

ちなみに昨年の様子
http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2015-12-26

昨年はまだ小学6年生の娘を引き連れての参加、しかし今年は部活が忙しいことで、一人での参加。

大きくはないが、玄関に門松があるというのは、なんだか正月って感じがして気持ちも良いもので。

前回に引き続き、小松先生。小松先生からはハムベーコン作り、そして方言ラジオ体操でもでもお世話になっている。
IMG_0407.JPG


こんな感じで作成中。
IMG_0403.JPG


さてこれが
IMG_0402.JPG

WBYR0649.JPG


やっぱ男結びができない・・・。これができれば一人前なのだろうが・・・・

今年残りわずか、頑張るとしましょう。

2016ハム・ベーコン作り3日目(完成) [手作り工房]

2日間の燻製が終わり、ハムとベーコンが完成し、仕事終わりで本楯コミセンへ引き取りにお邪魔した。
今回は前回の教訓から、ハム2つ、ベーコン1つをお願いしておいた。

ハム
IMG_0390.JPG


ベーコン
IMG_0395.JPG


もともと、あんまり買ってハムを食べることは無かったのだが、手作りハムを昨年食べて以来楽しみで仕方ない。去年はそんな事もあり、当初はベーコンのみでハムは注文していなかったが、燻製途中で落下したものでも良いと無理を言って分けてもらったのである。

帰宅途中、近くのスーパーでお酒、今回は気分的に甘くないハイボールで、ぴりぴりっと頂こうと思い、チョイスする。何せ2つに、ひとつあるので今後いろいろなお酒で試したいと思っている。
IMG_0397.JPG

まずはそういうことで、本日は「ハム」から頂く事にした。

少し集めに切って、軽くあぶって火を通し、食べてみる。思いの外ジューシーで子供達にも好評であった。むろんハイボールのチョイスも当たりで、なかなか堪能できた。
IMG_0392.JPG


できれば、少しお高い、マッカランあたりとか飲みたいが、ハムベーコン代がかさみ、次回とした・・・。

IMG_0399.JPG


こういう手作りってのが良いのかも知れない。まさに「手作り」と言う名の調味料。

2016ハム・ベーコン作り2日目 [手作り工房]

2016ハム・ベーコン作り2日目

本日は、1日目http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03 でピックル液につけ込んだ肉を取り出し、ハムにするため整形作業。
IMG_0286.JPG


肉にさらしを巻いて、たこ糸でしっかりと巻き上げる。そしてそれを2日間燻製とする。
IMG_0283.JPG


IMG_0310.JPG


IMG_0305.JPG


今年は参加人数も多く、手際よく完成。

今日はもう一つメインがあり、ソーセージ作りを行う。

農協青年部の皆さんは同時進行で、ソーセージの肉作りを行ってくれていた。感謝
IMG_0313.JPG


できあがった肉を、豚腸に詰める工程。
IMG_0318.JPG
IMG_0321.JPG


つるんとしたものを、くるくるとバールーンアートのようにしながら、みなれたソーセージにしていきます。
IMG_0343.JPG


これを70度くらいで45分煮ていきます。
IMG_0344.JPG


この煮汁を使ってポトフを作ります。
IMG_0353.JPG


すんごくうまくて、2杯完食。
IMG_0364.JPG


5本で500円で購入し自宅へ、そしてお土産として煮汁ももらってきました。

ということで、夕食は洋風のお鍋
IMG_0381.JPG


19日には燻製も終わり、ベーコンとハムが完成です。

楽しみ、楽しみ。

皆様お疲れ様でした。

2016ハム・ベーコン作り [手作り工房]

気がつけば、もう師走。

そして気がついたのが、記事数。

前回1111記事だったようだ。つまり今回は1112。

さて昨年から参加させて頂いた、本楯コミセンでのハムベーコン作り。あまりのおいしさに、今年も「いつからですか?」と聞きながら、いち早く参加表明を行い、今年も挑むことにする。評判が伝わり、過去最高の参加者とのこと。

うちの職場からも女性陣があらたに3人参加することになった。

前回のことを踏まえ、ハム、ベーコン、ソーセージを1つずつお願いすることにした。

今日もあわせて2日間の行程を得て完成となる。ただ主催者である農協青年部の皆さんが、それ以上につけ込みや燻製などをしてくれているので、もっともっと手間はかかっているのですが・・・。感謝。


まずは先生から作り方を聞いて
IMG_0153.JPG


今年は肉に穴を開ける「すぐれもの」も準備OKでした。
IMG_0155.JPG


やはり大人数なので、肉も多いようです。この肉の確保も大変なんだそうです。
IMG_0150.JPG
IMG_0149.JPG


そして職場から参加のお姉様方。本人たちのたっての希望でお顔は・・・・。
IMG_0158.JPG


次回はつけ込み完了した肉の成型を行い、ソーセージ作りとなります。


前の10件 | - 手作り工房 ブログトップ