So-net無料ブログ作成
自転車用品 ブログトップ
前の10件 | -

こそっと・・・ [自転車用品]

あー寒い。例年に比べ雪はそんな多くはないが、冷える~。そんな印象。


自転車は漕げません。でも今年は仲間のホシナご夫婦ZWIFTで頑張っているのに刺激をうけて、ローラー台に乗っている。


あー早くこいこい、春。でも油断はできない。それは怪我。3月にアキレス腱を切る、そんなこともあったので、ほんと油断はできない。


さて春に向けての多いが高まると同時に、準備もオフシーズン中にちゃくちゃくと進めていかなければならない。


まぁしかし、昨年にしまなみ海道などを回る旅で、貯金も使い果たし、予定していたパーツの交換が流れていた。


ちょこちょこと貯金に努め、ようやく資金が確保できそうなので、メールにて、ウエノヤマ自転車さんに相談。


なんとか予算内で収まりそうな感じで、交換に踏み切ることにした。


さてどうなることか。まずは「第一弾」はこういう感じ。でも正式発表は後程。でもでも貧乏人がようやくっていう感じはあるが、いいじゃないか。


という、つぶやきを一つ。

nice!(0)  コメント(0) 

ヒール交換 [自転車用品]

いつも、いつも、こうなる前に、交換しなければ・・・・。こんなことを思いながら記事を書く。この戒めは生かされず。またしてもねじが回らないまで、ロードのビンディングペダルのヒールを放置してしまった。


あいにく、その証拠写真を撮り忘れてしまったが、いつもの状態と言うことで。もうそこまでなると、カッターで削っていくしかなく・・・。


あわせて。SPD-SLペダルのクリートも交換時期。最近はまじめにZWIFTでもビンディングペダルでも着用、ふと見れば、ねじが一本取れていることが判明・・。

IMG_4483.JPG
実は、汚れてはいるんですが、まだいけそうなんですね。でも交換します。なぜかと言いますと、この黒いの、ツールド東北のときに、エイド入り口のアスファルトが工事してまして、乾いていなかったんですね。ライダーをお迎えするためにしてくれたと思うんですが、完全に裏目で。このときはガムが挟まったような状態になり、ライダーの皆さんは、ドライバーを借りてこそぎ取ってましたから。
まぁこの影響大です。
でも新年なんで、一緒に交換します。
IMG_4550.JPG
こんな状態です。
さてネットで、SIDIのヒールを検索。
該当したものがこれまでのデザインと違うようです。
まぁ大丈夫でしょう。次回のこともあるので、二組購入。
IMG_4549.JPG
まーるく、赤だったんですが、Vの字に。
IMG_4551.JPG
装着。古くなりましたが、まだこれで行きます。SIDIさんはものが良いですね。

nice!(0)  コメント(0) 

キャリアを [自転車用品]

相棒くんが変わったこともあり、さて自転車をどう運ぶかを思案・・・。これまでのノアくんは1BOXカー故に、楽々と車内へ積み、輸送することができたが、どうもカタログで見るに、T32くんはそれは難しそうである・・・。


そこでいよいよ、キャリアを検討することにした。

日産推奨はスーリーのようだが、今後カヤックを積むことも考え、熟考した結果、イノーにすることにした。ちなみにこれまでもイノー。


製品情報をみていると良さそうなものがあった。


INNO イノー INA389 タイヤホールド2http://www.innoracks.com/jp/products/cycle/cycle_roof.html


こちら。ほかのキャリアよりもタイヤ全体でしっかりと固定されているようで、こちらに決定。


しかし決めたものの、なんだか不安は残る。なぜかと言うと、自分自身を考えると、うっかり者であるから、キャリアに自転車を着けた状態で、高さのないトンネルなんかに入り、自転車がバキバキ・・・なんてことにならないかとい心配なのである。



というものの、車内に積むのは限界がありそうで、こちらを選択するしかない。


さて早速、キャリアの取り付け。


まぁそんなには難しくないようだ。と、こんな感じ。


IMG_3060.JPG
IMG_3062.JPG
ちょっと心配なので、ぐるり回ってみるが、大丈夫そう。これも一つの方法としていけそうだ。
さて、それ以外としては、やはり車内であるが・・・・。 帰宅後にチャレンジ。
いざ・・・。
予想通り、高さがないために、タイヤ装着状態では積み込みが難しい。なので、タイヤを外して再度挑戦。
しかし、今度は、なんとサドルがダメである。さらにサドルも外して再々挑戦。
IMG_3081.JPG
ノアくん時代に車載ように作っていたものを取り出す。ようやく日の目を見るというか・・・。
IMG_3080.JPG
IMG_3082.JPG
IMG_3083.JPG
なんとか、収まった。一応一台はついたわけだが、これまで3台から4台つけていたのだが・・・・。
そして息子のママチャリをつけることもありそうだし。これは課題ということで。
まぁそれにしても、これから遠征予定にて車中泊を考えているのだけど、大丈夫なのかなぁ・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

自転車で音楽を [自転車用品]

あれは、平成27年6月ではなかったか?悪質な自転車の運転者に対し、安全講習の受講を義務づけるなどとする改正道路交通法が施行された。そのなかで、自転車をのりながらのイヤホンで音楽を聴くことに対して、「アウト」とか「セーフ」などの情報が飛び交っていた。


むかーしの僕が中学や高校のころなど、ウォークマンで音楽を聴きながらの通学なんてのはステータスシンボルみたいなもので、ぼくんちは、残念ながらそうとはならず、高校を卒業行以降では無かったかと思う。


ひとりで行動するのが、なんだか嫌で、未だに喫茶店や食べ物屋にひとりで入られない。ひとりでうろうろするのも、きょろきょろしてしまい落ち着かない。


そういうときに、ヘッドホンをしていると、なんだか落ち着くので、大人になってからは、今どきの皆さんと一緒に多用してきた。


そして音楽というのは、僕にとってのやる気スイッチのひとつで、気分屋な性格に取ってはなくてはならないものでもある。出来る事なら行動のお供には「音楽」が必要だ。


そんなことで、未だに高校時代のサッカーのコーチに言われるのだが、ハーフタイム中に、コーチの指示も聞かずにヘッドフォンで音楽を聴きいていたと苦笑いの中で話される。よほど印象深く、お怒りだったのだろう。


今は、ここで多くの記事を書き、自転車が趣味となっているが、できれば、聴きながら旅したいと思うこともある。


マラソンなどでは聴きながらがスタンダードであるし、やっぱり、音楽とスポーツというのは相性が良いのだろう。


かと言って、危険で周りの皆様にもご迷惑をかけるわけにも行かず、悶々と、自転車にのりながら音楽を聴く方法の情報収集をしてきた。


最近フェイスブックを見ていると、そんな情報も得られ、「BONX」なるものを発見した。




音楽を聴くと言うよりは、ライド中に仲間とコミュニケーションを取るというのが目的のものである。まぁインカムやトランシーバーと思えば良いのだろうか。


携帯を使い、無線でやりとりするということらしい。



む、む、む、興味深い。


こんなタイプのものもある

「エレコム ブルートゥーススピーカー ヘルメット用」(http://www2.elecom.co.jp/products/LBT-ESP01PN.html

ノイズキャンセルで周りの環境音が聴こえ、安全な音楽聴取が可能とのこと。


耳の中には入れずに、耳の前に設置される感じ。まぁスピーカーというのがこれで理解できる。



自転車で音楽と探すと、必ず出てくる方式が「骨伝導」というものである。

これまでも把握はしていたが、デザインもだいぶ良くなった感じがする。

allimity 骨伝導スポーツイヤホン(レビュー http://kansou-review.com/headset-allimity/


さらに法に抵触しないかを、注意深く調べ、決断ではないかと。


そうは言うものの、だんだん寒くなるのだが・・。


nice!(1)  コメント(0) 

Wahoo - TICKR ハートレートモニター [自転車用品]

ガーミンのハートレートが認識されなくなり、電池の問題かなぁと思い、電池交換を行うも、症状は改善せず、そんな記事を先日書いたのだが


「電池交換したのにぃ~」(http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-27
ということで、ant+とブルートゥースで接続できるものを探し、Wahoo - TICKR ハートレートモニター (iPhone/Android 用)をWiggleにて購入。海の向こうからということで、昨日、到着。
IMG_2682.JPG
これまで、zwiftでは心拍が表示されなかった訳だが、これを使えば、心拍も表示され、モチベーションも上がる感じ。
早速ためしてみると、なかなか良い感じ。併せて、ガーミンくんにも受け入れてもらえるかも試してみるが、しっかり反応をしてくれ、普段使いもできそうである。
vivosmart[レジスタードトレードマーク] HRでもガーミンくんは心拍を拾ってくれるんだけど、そうすと、心拍のみの表示になってしまい、時間もわからず、なので、今回の購入は正解であった。
さて、ものはこんな感じ。
IMG_2683.JPG
作動時にはブルーとレッドの明かりがぴっかぴか。
英語ばかりで、詳しい操作はわからないのだけど、これから調査していきたいと思う。
ツールド東北にて実戦投入。

nice!(1)  コメント(0) 

トライアスロンとTTは4番 [自転車用品]

Q-RINGSのOCPというものの設定ができる。


調べると・・・

OCP設定とは(http://over40.jitelog.jp/q-rings-ocp3-or-ocp2/

Q-RINGSはチェーンリングの形状を楕円にすることで、力のかけやすいクランク位置で重いギヤを踏み、上死点や下死点など力のかけにくい位置では軽いギヤになるってのが売りですね。

で、どのクランク角度の時に重さのピークになるかを調整するために取り付け角度が5箇所用意されていてそれぞれOCP1〜OCP5と名付けられてます。

標準的な設定としてはOCP3(全5箇所の中間)にあわせるんですが、自分のペダリングにあわせて数値を小さく(角度としては手前方向)したり逆に大きく(角度としてはより深い位置がピーク)に設定変更も可能です。

Q-RINGSの解説によるとOCP1で3時付近が最大ギヤになり、OCP5で5時付近で最大になるそうです。

 

とのこと。

 

調べれば、トライアスロンとTTは4番とのこと。深く踏み込めるんだそうです。前乗りの設定のことが多い、このような状況には適しているみたい。

しかし、導入して約1ヶ月、通常設定のOCP3にした場合も実感しておらず、ほんとに変更すべきかは悩んでしまう・・・。

それでも、賭けに近いことにはなるが、チャレンジしてみることに。DHクローザーの取り付けで、入院中なので、こちらの設定変更もお願いした。

IMG_1957.JPG
こんな感じ。
この日と、本日夕方に試走。そもそも比べるものがないので、なんとも言えないが、まぁ30㎞オーバーでは走ることができた。
心配なのは、大腿四頭筋押しで、ひたすら踏む感じであるので、脚がもつか・・・・。
毎年のことだが、体重は一向に減らないし、頼るべきは秘密兵器。
さてさて、どうなることか・・・。本番まで、もう一回位は走りたいのだが

 


秘密兵器投入:DHクローザー [自転車用品]

またかと言われるだろう。


仲間のホシナ氏からは北朝鮮並みと言われる始末だし・・・・。


24日にトライアスロンにリレーの一員で出るのであるが、いつもと違いDHバーを使用する。一年に一回ではあるが、なんだか、あるとないとでは違うと言うことに昨年気がついたのだ。その前の年は、下ハン(ハンドル)で十分と思っていたが、なんたって表彰台だから。


そんなことで、さらにタイムをあげるために、秘密兵器の投入を考えていたのだが・・・。やはり、やはり1年に一回だしと、今年は多くの秘密兵器投入もあり、見送ろうと思っていた。


そんな時、モテギ氏購入のブログを拝見、同じことを考えているもんだと思いながら。


しかし、聞けば急遽事情にて今年は、トライアスロンの参加を見送るとのこと。そんなことで、ではと、無理言って、譲っていただくことにした。これがご縁なんだろう。DHクローザー君とは。

IMG_1901.JPG


ということで、早速取り付けし、試走を行う。

IMG_1904.JPG

DHクローザーくん



ご説明をみると気になることが・・・。

「左右のDHバーが一体化しているタイプの場合、取り付かない事があります。ご注意下さい。」


????


まぁあまり気にせず、取り付け作業を進めてみる・・・・。


???


狭い?狭いんじゃないか?


こういうことなんですね。でもあきらめません。ぐいっと引っ張り、少し幅を広げ装着を。まぁしっかり固定されそう。


次、ヘッドに取り付けます。次はこんなことが書かれています。しかし結構あるから大丈夫かなぁ・・・


「コラムに10mm以上のスペースが必要です。」


大丈夫かなぁ・・・??微妙に干渉するんですね・・・。スペーサーをいじくり回し、装着。ちょっと不安は残りますので、これから情報集めたいと思います。


「DHバー取付部はカーボン製」  とのこと


以上、無理に装着したこともあり、不安です。ちょっと緩いのか、動くんですね・・・・。こりゃまずいと締めたんですが、このカーボンがへこんできてます・・・・。やばい、やばい。締め直します。


カーボンとは頑丈なんでしょうが、僕は「鉄」で良いんじゃないかと思うのですがね・・・。


まずは最低限の安全は確保します。一回の走行もてば良いわけですし。

IMG_1910.JPG


では実走

「DHポジションでありながら、踏めて快適なライディングが実現できます。」とのことですが・・・


ポジションは適当なんですが、踏める感じは確かにしますね。なんか良さそうな気がします。


もう少し練習したいと思いますが、実は3本ローラーなんで、室内トレーニングはだめそうです。来週末かぁ・・・。


それまでは脚鍛えます。あと精神と。




どうしようかなぁ・・・ [自転車用品]

いよいよ、今月最終日曜日はおしんレース参戦。リレー部門にてバイク40㎞を担当する。昨年は職場の仲間と出場し、前日にツールドさくらんぼ(120㎞)を走っての挑戦であったが、3位を頂く事ができたことは、うれしすぎて、しつこいくらい書いている。


今回、ツールドさくらんぼにも出場せず、そして前日何があるわけでもなく、万全で走ることができる。良いのか悪いのか。


前哨戦の蔵王ヒルクライムエコもまずまず、秘密兵器もまずまずでは無かった。まぁほんとはヒルクライムでよりも平地で効果のある、秘密兵器なので、少し期待をしてしまう。


といいつつ、実はあまり実走をしていないのが、不安要素で、秘密兵器の楕円チェーリングもいかほどかは図り兼ねている・・・。


OCPと言われる設定があるのだが、漕ぎ方によって変えることで効果を最大発揮することができるのだそうだ。


そんな情報を求め、ネットや説明書を見る。

トライアスロンやTTバイクはOCPは4らしいのだが、現在通常の3 さーて、後は設定を変更するか否かなのだが・・・。


備忘録も兼ねて、こちらに書き留めておく。


☆Q-RINGSの「セッティング・ガイド」☆

従来の真円チェーンリングに慣れている脚の筋肉や脳の考え方を少し変える必要があり、それ馴染むまである程度の時期を必要とします。

Q-RINGSにはOCPシステムと呼ばれるポジション変更システムが搭載されています。はじめて使用する場合、まずは上記に記載のノーマルセッティングでフィッティング方法をお試しください。

Q-RINGSはペダリング効率が上がるため、従来の真円チェーリングとは異なった脚の筋力を使用します

この筋力バランスの変更をスムーズに行うために、このガイドを活用ください。

あなたの脚にフィットするまでには個人差がありますが、ロードレーサーで500km/MTBで200km程の距離を必要とします。

ADAPTATION PHASES(フィッティング方法)

1.意識をせずにライディングしてみよう(0km~)はじめてQ-RINGSを使用すると、クランク1回転する間に今までの真円リングと異なり、クランクスピードが一定で無く速かったり、遅かったりする場所を感じる場合があります。最初の数キロは違和感を感じるかもしれませんが、次第に滑らかにペダリングできるようになります。
真円リングを使用していた時と同じようなギヤ比で走行してください。
Q-RINGSを意識せず、今まで通りのペダリングを心掛けてください。円運動の動きにとらわれず、ペダルを踏み込むことを意識してください。

2.イージーライディング(~250km~) Q-RINGSは、ペダリング効率良くなるため、負荷がかかる部分が減少して膝の負担を軽減します。
通常の真円リングに比べて筋肉の負担が分散し、均等に使うことができます。
そのため今まで使用していなかった筋肉を使っていることに気が付きます。疲れる場合があるかもしれませんが慌てないでください
まずはゆっくり過負荷をかけないで走行してQ-RINGSに慣れてください。

3.筋肉を適応させる(~500km) 使っていなかった部分の筋肉の負担は、使いつづけると次第に消えていきます。ハードに乗った場合はこの部分に痛みや疲労を感じる場合があります。その場合はライド後しっかりとストレッチやマッサージを行ってください。より早くQ-RINGSにフィットすることができるはずです。
この筋肉の負担は、人間が円運動において効率よくペダルに力を伝達するときに使用するべき筋肉を使った結果です
従来の真円リングでは、ムダな力を使ってペダリングを行なっていたのです。

 4.フィッティング完了 規定の距離を乗るとあなたの脚の筋肉はQ-RINGSにフィットしているはずです。回転は従来の真円リングと比べても違和感がなくなり、よりスムーズにペダリングできているはずです。さらに心拍も通常よりも低く保てる可能性もあります。
もし、規定の距離を乗ってもなおQ-RINGSに違和感がある場合それを解決し最適化する方法があります。セットアップガイドPART2へお進みください。問題の内容に従いOCPシステムでチェーンリングの位置を変更してください。(以上、Q-RINGSセットアップガイドより)


チームジャージ作成経過報告6(完成) [自転車用品]

とうとう、待ちに待ったこのときが。ようやくチームジャージが完成し、自宅到着となった。

IMG_1847.JPG
では開封の議
IMG_1853.JPG
13着、そろい踏み。梅丹さんの補助申請の関係で。
IMG_1849.JPG
きれいな感じです。感激。ヒデキカンケギ。 ふるい
前はこんな感じ
IMG_1858.JPG
うしろはこんな感じ
IMG_1856.JPG
我慢できなくて、着ちゃいました。ぴっちぴち。
IMG_1851.JPG
でもいいんです。
明日は、パンツまではきますよ!!!

サドル・・・ [自転車用品]

そうそう、2011年かぁ「ローミン エキスパートサドル」買ったのは・・・・。(http://chikafumi.blog.so-net.ne.jp/2011-07-09

2011年購入だから、実はだいぶすれてきて、そして元々あまり厚みのないサドルだったのですが、それでもへたってきた感じ。おしりも痛いしなぁといよいよサドル交換時期かと検討を開始する・・・。
右の後ろは傷が・・・。
IMG_1797.JPG
よく見えないけれど、すれてきました・・・。
IMG_1800.JPG
でもね、2011年からのおつきあい、辛苦をともにした戦友でもあります。サドルって結構、重要パーツ、そして相性もあるものなんですよね・・・。
そんなことで、ちょっと交換と言っても、二の足を踏んでしまいます。
こちらは田舎なんで、実店舗で、試して購入とも行かず、本やネットで情報収集なわけですが・・・。値段も値段だし、冒険することもできないんですよね・・・あー悩む。
ちょいと情報収集。備忘録も兼ねて
1.ファブリック(http://jp.fabric.cc/
サイクル雑誌で最初に出会い、その後時々お店でお見かけしていた・・・。ちょいと軽い感じのデザイン、本気のロードにはどうなんだろうか?と今でも思うが、どこかで「いいんじゃないか?」なんてことも考えたりしている。
ちょいと、サイトをぶらぶらと見ていると、良いものは結構高いんだなぁ・・・と
そんな中でも、これが良さそうに思った。
LINE 142/ELITE:8,500円(税別)

しなりを活かしつつ尿道の圧迫が少ない標準幅の溝付きモデル
・独自の“しなり”が体となじみ、長時間のライディングでもお尻が痛くなりにくい
・やや固めの座り心地 

何に惹かれたかと言えば、「尿道の圧迫が少ない標準幅の溝付きモデル」
別に、そこが当たって悩んでいたということはないのだけど、どうもローディーの職業病は「インポ」という、いらん情報ばかり、残っているというのが理由と言える。あとはこれまで使っている「ローミン」もこの構造であるという保守的な私もいる。
ファブリックらしい、軽さもあり、グリーンのデザインがきらるくんにいいのではとも思う。値段も安く、失敗してもいいやっていう感じもある。
2.スペシャライズド
18000円(税込みで
原点回帰ですか・・・。
閑話休題
幅をどうするか?
3.セライタリア
ノヴァススーパーフローエンデュランスL 17000円くらい
~ライダーの自重による局部への圧迫と痛みを回避します。厚めのパッドを採用したロングライドモデル
4.セラ サン マルコ
Aspide Supercomfort レーシングサドル ¥14898
ASPIDE RACING【COLOR EDITION】 アスピデ レーシング 21,546円 (税込)
うーん悩む、おしりと相談だな

前の10件 | - 自転車用品 ブログトップ